プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産・延長戦

出産後は、暫く(1時間ほど)分娩台で休むと聞かされていましたが、寒いしベッドでゆっくりしたいと思ったので早々に部屋に引き上げさせてもらいました。部屋に戻ると泣き笑いの様な顔をした両親が。「本当によく頑張ったね。おめでとう」当事者はひたすら産むことだけに集中するばかりで、産んだ後は一息ついて呑気にしてますが、周囲はその間ハラハラし通しなんですね。後から母に聞きましたが、立会いから戻った夫が「ろっこが凄く頑張ってくれた」と涙ぐんでいたと。改めて出産て凄いんだなーとしみじみ…。

両親が帰って、夕ご飯を用意された部屋に夫と二人きり。鯛の尾頭付きを始め、豪華なラインナップの祝い膳ではありましたが、兎に角疲労感が凄まじくその殆どを夫に食べてもらいました。お昼ご飯も食べてなかったのですが、空腹感ゼロ。疲労と興奮状態が続いているのと、あと今まで胃を圧迫していた子宮がいきなりその質量を減らしたので、内臓事情が色々大忙しになっていたからかと思われます。面会終了時間になり夫も帰宅。一人になり、少し眠ろうとするけどやっぱり目が冴える。子宮収縮の痛みは殆ど感じませんでしたが、エイン切開の傷の痛みがじーわじーわ響いてくる。それといきむ時に思いっ切りレバーを掴んだ両腕や、踏ん張った両足の筋肉が大笑いし始めてきた。更に首の辺りから鎖骨にかけて、燃える様に熱い!頃は12月中旬だというのに、余りの体熱感に我慢が出来ず、枕元の窓を少し開けて涼をとりました。この、部分限定の体熱感は、身体が母乳を分泌する為に変化していたからだと後で知りました。人の身体のメカニズムって不思議で凄い。

眠れないので、携帯から自サイトの掲示板に出産報告の書き込みをしたり、友人に出産報告メールしたりしてましたが、その間ずっと身体中のあちこちの軋む様な痛みに苛まされて辟易。でもメモリアルカードで録ったぴよ太の産声を聞くと、スーッと痛みが軽くなる気がして何度も何度も再生して聞きました。そして新生児室からかすかに聞こえてくる泣き声は、もしかしたらぴよ太かなーとつらつら考えている内に、いつしかぐっすり眠っていました。


今まで生きてきた中で、一番のやり遂げた感で一杯の夜でした。



スポンサーサイト

コメント

あらためまして

お疲れさまでした!なんか私はお産が短すぎたせいか、今だに実感とか達成感があんまりないのですが…ろっこさんは本当に頑張ったと思います!
私もダンナさんがうちの親に「すごく頑張ったから、産まれるのも早かった」って言ってくれたの聞いて、短いなりに頑張ってよかったなあってすごく嬉しかったです。
産まれた当日は目が冴えちゃって寝れませんでしたね~。体は疲れてるのに不思議ですよね!

*たくぞうさん*

いやいや、初産では私も安産の部類に入るのでしょうが、陣痛時の大騒ぎが今でもお恥ずかしい限りでorz

>「すごく頑張ったから、産まれるのも早かった」
旦那様、良い事仰いますね!立会い出産は賛否両論ですが、やっぱり父親・母親になる瞬間ですから、全てを共有するという事に大きな意味があると思いました。涙ぐんでたうちの夫ですが、産まれ出てきた瞬間に思った事は「…頭なげー(lll゚Д゚)」だったそう(笑)。

出産に至るまでの時間が短くても長くても、人生最高のドラマチックなひと時であることには変わりないですよね。頑張って生まれてきてくれた赤さんにも頑張って産んだ自分にも、そして頑張って心配してくれた周囲の人々・スタッフにも乾杯☆そして同時に育児生活突入記念でもあります!親になった瞬間、パーン!ってスタートの合図が聞こえたような…

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。