プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産・中盤

比較的呑気に過ごした午前中。しかし正午を過ぎる頃、計った様に陣痛の波がやってきました。子宮の辺りをぎゅうううう…と絞られているような感覚。この頃は痛いかな?程度でしたが、それから30分位経過した後、唐突に激痛はやって参りました。陣痛と陣痛の合間には普通に過ごせると聞いていましたが、痛みがゆるゆる引いた後、落ち着く間もなくゆるゆるとやってくる激痛に呼吸法も時間の計測(陣痛の間隔を計る。間隔が短くなったら出産間近)もあったもんじゃありません。

「~いたいいいいい…!」←掛け布団掴んで何とか耐える

そんな状態で1時間経過。もう唸りっぱなし。この頃になると痛みは倍率ドン更に5倍になっていて、半ばパニック状態でした。何!?何なのこの体の奥底から吹き出てくる激痛は…!!(陣痛です)

私は以前、特別養護老人ホームの職員をしておりました。部屋という部屋から鳴り響く、止まないナースコールの嵐に東奔西走の日々の中で常々思っていた事は、もし自分がナースコールを必要とする立場になったら遠慮がちな利用者になるぞ、でした。

前言撤回します。陣痛中は無理。ぜーったい無理。

枕元のコール乱発しまくりでした(笑)。「痛いんですけど」「産まれそうです」「どーにかして下さい」自分で押せない時は、付き添ってくれてた父親にヘルプ。とうとう看護師さんに叱られてしまいました。

「あのね、陣痛は痛いものなの!それに初産なんだからポーンと急には産まれないよ」

このセリフが、私の余計な闘志に火を点けました。ああそーですか。だったら産んでやる。ポーンと急にここで。

人間、切羽詰った状態の時って周り全てが敵に見えるんですね。私は兎に角分娩室に行きたかった訳です。そこじゃないとお産が出来ないという気持ちでいっぱいでしたから。なのにそれを阻止するアンタ鬼!と真剣に逆恨み(笑)。この時点で父親ギブアップ。「お母さん呼んでくる!」と家へ引き返してしまいました。そして母親は長丁場に備えて、ご飯を食べてから行こうとしてくれてたのですが、「飯なんか食ってる場合か!!」と父親から怒られたそう。それでも食べてきてました。母は強し…?

2時過ぎ辺りからもう陣痛絶好調♪コールを押す余裕もございません。ベッドのシーツを掴みあげて唸り(殆ど絶叫)ながら激痛をやり過ごす。両隣の部屋の人達うるさくて済みませんと思いながらも、声を出さずには我慢出来ませんでした。喉が痛んだら悪いと母が喉飴を口に入れてくれましたが、がりんと一撃粉砕。でも少しだけ喉の痛みが緩和しました。

時々見回りにきてくれた看護師さんが「はい、呼吸法を忘れないでねーヒッヒッフー、ヒッヒッフー」と声掛けしてくれましたが、それ所じゃねーよとひたすら唸る。「折角楽になるっていうんだから、試しにやってみなさい」と母からも言われてしぶしぶ(?)トライするも、ヒフフフフ!と呼吸法にならず。きちんと呼吸法が出来ていたら、少しは紛れたかな?と今では思いますが、当時の私には余裕が欠片もなくて無理でした。

3時過ぎ、私にあと少しの体力があれば天井へ駆け上るであろうという勢いの激痛に苛まされていた所、内診に来たドクターから「子宮口7.5cm。4時半に分娩室に入れそうだね」という神の声が。ゴールが見えてくると俄然張り切り具合が違います。やっと、やっと分娩室に入れるんだ…!それから真正面の壁に掛かっている時計とにらめっこ。こんなに長く、そして待ち遠しいと思った1時間半という時間の経過は生まれて初めてでした。

そして待望のPM4:30。分娩室への扉が開かれたのでございます…
スポンサーサイト

コメント

うーん、見ているだけで大変そうですぅ(^^ゞ
読んでると申し訳ないくらい私は安産だった模様です…。
陣痛の間に助産師さんと普通に会話してましたし、色々考える余裕も、呼吸整える余裕もありました(苦笑)。時間も3時間程度でしたし。。。
なんかもう産まれているのに「ろっこさんがんばれ~!」って言いそうになっちゃいました(笑)。

*たくぞうさん*

初産でも安産な人はめっさ安産らしいですね。たくぞうさんの出産レポ読んでホント羨ましい限りでした(笑)。

私は痛みに強い方だと今まで自負していましたが、もーぜんっぜん堪え性が無くorz 騒がずに陣痛を堪えている他の妊婦さん達を、ひたすら尊敬した入院期間でした。

でもあれだけバタ狂って辛かった陣痛ですが、もう2度と嫌だ!とは思わず、もう一人授かったら嬉しいな♪と今は思ってしまうあたり、やっぱ母は強しですね(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kmt061218.blog85.fc2.com/tb.php/19-1b10822b

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。