プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産・序盤

12/17の夕方に実家に到着。私両親と夫2人で外食し、そのまま解散。あー、年末まで何か長いなぁ…と少々気落ちしながら久し振りの実家で就寝。私の部屋は2階にありましたが、産前産後の利便性を踏まえてダイニング隣の祖母が使っていた部屋を借りてました。部屋の中にトイレもあるしベッドの頭部分の壁にインターフォン(母親の部屋に直結)もあるし何かと便利。
就寝時、逆子が直った時並みの胎動があり、チョビも環境の変化が分かるのねーとか呑気に構えてました。

AM6:00 トイレに起きる。特に何事も無く再び入眠
  7:50 そろそろ起きようかなーと寝返りをした瞬間「バシャー!」っと破水。早速インターフォンが役に立つなぁとか考えながら母親に報告。何となく余裕?
  8:00 病院に電話。朝食を食べてから入院の準備をして来て下さいとの事。破水ってそんな呑気な扱いで良かったっけ?と思いつつもしっかり朝食を食べる。その後夫にメールしたり夫実家に電話したり

※破水した時の対処法を母親学級では教えてくれてませんでしたが、ある漫画で清潔なタオルをあてがうと書いていたのを覚えていたのでそれを実行しました。量の少ない人は生理用ナプキン(夜用)でいいかも。私はとにかく大量だったのでタオル使用。
入浴・シャワーは細菌が進入する恐れがあるのでNGだそうです。

  8:45 病院到着。内診の結果子宮口1.5cm。夜中か明日の早朝と予測され、子宮口が早く開く様にバルーンを入れられ個室へ向かう

※バルーンとは早い話が縁日などで見かける水風船のようなモノ。子宮の出口付近でぷか~と膨らませて、その抵抗(?)で子宮口を押し広げる働きをするそうです。バルーンと同じ大きさに広がったら落ちてくる仕組み。

過ごし易そうな個室に落ち着き、やれやれ、いよいよ出産が始まるのねーと腹を括る。でも陣痛らしきものはまだ起きてないのと、初産なので時間が掛かるだろうと言われていたのもあってかなり余裕で荷解きをする。そんな中遅出勤務の夫が部屋に飛び込んできてビックリ。

私「仕事行かなきゃ遅刻じゃん?」←折角きてくれたのにこのセリフ…
夫「メール見て飛んできた。大丈夫間に合うように行くよ。破水したって大丈夫なの?」
私「うん、このまま陣痛待ちで出産が始まるのは夜中か明日の早朝辺りって言われた」
夫「そうか…。仕事終わったらなるべく早く来るよ。頑張ってね」
私「はい。気を付けて行ってらっしゃい(^^)」


遅出の就業時間は20:00。それから1時間の帰路で、早くても22:00前になりますか。出産後か余裕で間に合うかのどっちかだなぁ。夫には立会い出産はちょっと無理と言われてたので、分娩室の外で待ってもらう事にしていた我が家。出来れば間に合ってもらえたら心強いなーとお腹をさすりながら思いました。

  11:00 トイレに行った際バルーンが抜け落ちて一瞬産んでしまったのかと慌てる。この時点で3cm。更に大き目のバルーンを入れて部屋に戻る…が、あっという間にまた落ちる。あっという間に5cm。

私の思いが通じたのか?(笑)初産にしては調子よく開いていってる子宮口。ドクターの所見も出産は早くて夕方、時間が掛かっても夜の内かもという事に。間に合いそうかな?でも夕方だったら無理だなぁ。取り敢えず午前中はこんな感じで呑気に過ごしておりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kmt061218.blog85.fc2.com/tb.php/18-66e58fcc

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。