プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠後期 (1) 逆子事情

チョビはとにかく良く動く胎児さんで、ドコドコお腹を蹴りながらクルクル回っている毎日を過ごしていました。そして落ち着いた場所が私のおへそ辺りに頭を持ってきて少し斜めに丸まっているカタチ。逆子…というかやや逆子(笑)。でも30週前後はまだ子宮に余裕があるから、この時期逆子でも余り心配はしなくていいと言われました。それでもやっぱり心配で、逆子に関する情報をネットで独自に調べまくっていましたよ。そこで得た主な情報は、

*逆子体操(これは病院でも指導があります)
*鍼灸
*声掛け誘導

でした。逆子体操はかーなーりしんどい!慣れるまでは額に脂汗滲ませて頑張りました。逆子が直るツボを鍼やお灸で刺激するという方法は確かに良く効きそうでしたが、さてどこの鍼灸に掛かればいいのか、中には市販されているお灸でもOKという説もありましたけど、素人判断でお灸を試しても大丈夫なのか云々心配が尽きませんでしたので、これはパス。声掛け誘導とは

「チョビ~ここの頭をこっちに持ってきてね~」

と、優しく話し掛けながら頭をさすさす。根気良く何度も何度も話し掛け、お腹の中の赤さんにお願いするパターンですが、「知らん!」と言わんばかりにボコッとお腹を蹴られる事しばしば。まさに一蹴(泣)。

自主トレでも上手くいかない場合は外回転術が最後の砦としてお控えなさっています。読んで字の如く外から回転させる術です。ドクターがお腹の外から赤さんの頭とお尻の部位をガッ!と掴んでググググッ!と回すのです。

そりゃあもう内臓がひっくり返る様な痛さで

この施術は、入院やら点滴やら最初に同意書に一筆(!)やらと、物々しく捉えている病院もあるようですが、私の通っていた病院はサクっと
行いました。ドクター、腕に覚えあり?しかし2度の施術でも頑なに回転を拒んだチョビでしたが、3度目に通う前日の夜、自力でぐるんと頭を下に向けてました。私も内臓にダメージ受ける感覚でしたが、チョビもいい加減辟易していたのでしょうかね。いやマジで辛かった

余談ですが、チョビによく話し掛けていた夫。逆子が直っても相変わらず私のおへそに向かって話し掛けていたのですが、いつ自分がチョビのお尻に「よ~チョビ元気か~?おとやんだよ~(^^)」と語っている事に気が付くのかと見守っていた所、彼はとうとう最後までチョビのお尻に話し掛け続けたのでした。どっとはらい
スポンサーサイト

コメント

うちも途中まで逆子でした~!
最後まで逆子なのは本当に割合的には少ないから大丈夫だといわれたものの、せっかく体重も激減して自然分娩しやすくなったのに、逆子で帝王切開は困る!!と思って、逆子体操にチャレンジしました。でも大変で挫折…。
で、結局毎日話し掛けていました(笑)。旦那も一緒に。直ってからも「良い子だね~、そのまま頭を下にしてるんだよ~」ってやってました。
結構効果あるんですかね?

*ゆうきさん*

そうそう、胎児は外の音や声をちゃんと聞いていますから(笑)。でも何をしても
駄目だった(××)という方もいるので、本当に逆子が直ってくれたら
この上なく嬉しいですよね!私は上記の声掛け以外に、「このままだと
おかやんはハラキリ決定ですよ~頼みますよ一つ」などと哀願していましたe-263

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kmt061218.blog85.fc2.com/tb.php/14-ddc06e26

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。