プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠中期 (4) 出産準備と父親準備

安定期に入って、尚且つお腹も目立たない為フットワークが軽いこの時期(24w~)に、前もってリサーチ済みの出産・育児準備用品を夫の休日毎に2人で買いに出掛けていました。一人でも勿論動けるのですが、万が一何事かあった時の備えと、もうすぐ我が家に赤さんがやってくるという実感を共有する目的も大いにアリ。個人的な見解なのですが、母性は元々から備わっているもの(悲しい事に例外もあるようですが…)に対して、父性はは育んでいくもの、と思っています。家事育児に協力姿勢も勿論嬉しいのですが、それ以上に父親としての心構えをとってもプリーズ!(笑)

幸い夫はとても育児に前向き姿勢な人でした。市役所から母子手帳と一緒にもらってきた様々な資料にも目を全て通し、その中の父子手帳にいたく感銘を受け、私がこれみよがしに(笑)置き散らしている育児雑誌や育児マンガを手にとって熟読する日々。買物に行っても彼なりのこだわり(何故かひよこ柄)を以って、あれこれ楽しそうに選んでいました。

お腹の子への語り掛けも熱心。丁度この頃「贅沢なお産」というドラマの放映があり、その中で胎児名でお腹の子に呼びかけるシーンを見た時、

私「へー胎児だからたいちゃんだって。うちの子は何にする?」
夫「チョビ」

何でチョビ(笑)。しかし名前があった方が語り掛け易いのは確かです。この時期は聴覚も発達してきてお腹の外の事を色々伺っていますから、胎教音楽も有効なんだとか。音楽もいいのですが、出産・育児に夫が一緒に取り組んでくれているという実感を持てたのが、チョビにとって何よりの胎教だったような気がします。


スポンサーサイト

妊娠中期 (3) 今後の計画

16wに入った頃の健診から、エコー写真が3Dに変わりました。シルエット状態だった画像がリアルな立体に…。ドクターの撮影技術と胎児の位置がタイミング良くいかないと、我が子ながら「…。」な写真に(笑)でも初めて手にした時は感動しました。うわ~小さいのにヒトの形している!って。

私はつわりが全くなかった事と、お腹も6ヶ月まで目立たなかった事から、そのまま元気に仕事を続けていました。パートなので産前産後の休暇(6+8=14週間)しか取れないけど、出産後も仕事を続けようかな…とも考えていました。

続きを読む »

妊娠中期 (2) 旅行

安定期に入ってのお楽しみといえば旅行ではないでしょうか。夫婦2人きりでのお出掛けは暫くお預けになりますから…(^^;) 妊娠発覚前に計画していたハウステンボスへ改めてレッツゴー♪なのはいいのですが、やっぱり気になるお腹の状態。まず掛かりつけの産院で相談しましたが、あくまでも自己責任でお願いしますとの事。余程特変がみられない限りは基本的には何をしようがどこへ行こうが大丈夫なのですが、いつ何が起こるか分からないのも事実。だから自己責任で判断して下さいと念を押されました。産婦人科は訴訟の多い科と聞いています。下手に太鼓判押せない現実があるようです。納得…。

車で片道約4時間の行程はどれだけのリスクがあるのか、自分なりに検索して調べてみました。安定期に旅行を企画している夫婦はかなりいるようで様々な事例がヒットしましたが、片道2時間程度から13時間の空路まで実に様々なケースがあり、本当に自己責任と個人差の世界なんだなーと痛感。

車での移動は振動が心配でしたが、何か特変があった場合に最寄の病院へ行けるメリットがあります。そして目的地付近の産婦人科もリサーチしておいて不測の事態に備えました。ドキドキハラハラながらの出発~

結果、無事に楽しく過ごして参りました♪その内容はこちらの7/25参照→★★★

体調不良もなく、お天気にもギリギリ恵まれて良い思い出作りが出来ました。安定期の旅行はお勧めです!が、くれぐれも無理をせずに準備万端で…。

妊娠中期 (1) 戌の日

5ヶ月になる16wから中期に入ります。ここでの主なイベントは戌の日の安産祈願。ネットで「安産祈願 神社」を検索すると、ヒットする神社が思いの他少ない事が意外でしたが、特に安産祈願を前面に出していなくてもどこでも祈祷は出来るみたいですね。でもやっぱりご利益のある神社がいいのも本音(笑)。しかし、お宮参りも同じ神社でするとなると、やはり自宅から近い場所の方がいいのか…と、結構逡巡しました。結局自宅から車で5分の神社で祈祷してもらう事に決定。

日時が決まれば神社に電話して予約を入れます。この時に持参する物や玉串料の確認も。持参する物は腹帯ですが、神社によってはそこで購入するケースもあるみたいです。持ち込み禁なんて神社もあるとか…。

少し前後しますが腹帯について。腹帯は妻側の家が用意するのが慣例のようですが、一応夫側の家にも確認を取るのがベターかもです。地域によっては異なる習慣もあるし、何よりこれから子供絡みの行事は目白押しな訳で、その都度どちら側が何をするかを決めた上で段取りを取らないと結構ややこしくなります。どちらの家にとっても可愛い孫ですから、じーやん’s&ばーやん’s大張り切り(笑)。とても有難い事ですけどね(^^)

そして腹帯。伝統的な岩田帯からガードルタイプまで多種多様ですが、どれも一長一短な印象がありました。ベルトタイプは手軽だけどズレやすく、ガードルタイプはズレにくいけどトイレで手間。岩田帯は試した事ありませんが、これもややこしそうですね。そして私は途中まで逆子だった為、腹帯をする期間が殆どなくて(お腹を固定してしまうと胎児が自力回転しにくいので)何だかお蔵入りな扱いに…。
夏場の妊婦さんには結構キビシイという腹帯。これだ!というタイプが見付かったら、洗い替え分もお忘れなく。

話は戻って安産祈願当日。特に改まった服装でなくて良いみたいですが、ジーンズ・スニーカーといった軽装は避けた方が吉。受付で玉串料を納め、記帳を済ませたら神殿へ通されます。祈祷の受け方は神主さんからレクチャーあるので無問題。時間にして10分弱でした。後は授与品を頂いて帰ります。



安産を宜しく!というより、この子が無事に産まれてきます様に…とひたすら祈った私でした。




妊娠初期 まとめ記録

*06・05・02 妊娠判明
   05・06 産婦人科受診(GWが恨めしい3日間でした…)


テンパりまくっていた時期。何をしていてもお腹の子に障りはしないかとオロオロ(笑)。初期流産の可能性も有りうる次期である為、普通は妊娠報告を見合わせるという事を後に知る…。はい、テンパりながら両実家に早速報告してしまいましたorz 職場には業務の都合(高齢者向けデイサービス勤務)もあったので、こちらは早めに報告で正解。負担の掛からないポジションに就かせて貰う。

   05・18 胎嚢確認
   05・31 心音確認
   06・16 中の人2頭身。母子手帳交付の許可が下りる!


エコーで見る、中の人の成長が嬉しくて珍しくて仕方なかった時期。この頃になると幾分か落ち着いてきて、つわりも無かった為日々の生活に変化なく過ごす。ただ安定期に入るまでは、常に最悪の事態を覚悟しつつ内心ビクビクしてました…(T T)

   06・27 妊婦の一通りの健診実施。結果問題なし。
       中の人手足確認。


次回健診は16w4dの妊娠中期へ。祝・安定期突入♪

妊娠初期 (3) 情報収集

初めての事だらけのマタニティーライフ。今はネットでアレコレ詳細に情報を集められるので、手軽で便利ですね。初期の頃に一番お世話になったサイトはベビカムでした。ちょっとでも気掛かりな事があれば、同じ事例がないか、対処法はどうだとか熱心に調べてました。あわあわと足掻きまくった末の結論は、妊娠は個人差があり定期健診で問題なければ呑気に構えている事が吉という事。でも気が済むまであわあわ足掻くのも悪くないと思いますよ。初産の不安は1度きりのレアな経験ですからね。

ネットの情報収集と平行して、「たまごクラブ」「プレモ」などの妊婦雑誌やマタニティーグッズの通販本などもがっつり買い込んでました。書籍は思い付いた時にじっくり読めるのが利点なのと、夫にも読んで貰って理解と協力を仰ぐのに欠かせないアイテムでした(笑)。どの雑誌にも「プレパパの何たら特集」があり、妊娠出産育児は共同作業で頑張るものなんだなぁと、改めて志を一つに出来たと思います。

実際夫は勤務の都合を付けて、よく健診に一緒に行ってくれました。健診を終えて待合室に戻った時、ソファーの隅っこに座って備え付けのマタニティー雑誌を読んでいる夫の姿を見ると、いつもほんわかした気持ちになったものです(*^^*)

妊娠初期 (2) 食べ物

つわりが無いのをいい事に(?)毎日の食事を美味しくモリモリ食べていた私。味覚の変化などは特に有りませんでしたが、青魚の匂いだけはちょっと無理でした。

妊婦さん必須の栄養素は主に鉄分・カルシウム・葉酸。鉄分摂取の王道はレバー。…これはちょっと苦手だなーと難色を示していた所、ビタミンAの取り過ぎは胎児に良くないという説を知り、やっぱホウレン草でしょ♪と、こちらをせっせと食べていました。年配の方から「アクの強い食べ物は色黒の子が生まれるよ!」と注意を受けましたが、これは迷信です(苦笑)でも「トイレ掃除をマメにすると綺麗な子が生まれる」という迷信はちゃっかり信じて、せっせと掃除してましたっけw

カルシウムは主に牛乳から。妊婦の友(?)スキムミルクは結局飲みませんでした。マズイという噂を散々聞いてすっかり尻込み。後は煮干をポリポリ。葉酸は、加熱すると壊れてしまう栄養素なので、これだけはサプリで摂りました。

あと旬の果物に食指が動きまくり。鉄分も取れる干しマンゴーもマイブームでしたね。高価でしたけどねorz 朝食・間食用にフルーツグラノーラも欠かせませんでした。そしてこれは妊娠後期に大活躍する食品でした…。

飲み食いしたいけど出産まで断っていた物。コーヒー・紅茶・お酒・スナック菓子全般・インスタントラーメン。お酒は言わずもがな、カフェイン・タンニンは1日1杯ならOKとの事でしたが、結局飲みませんでした。スナック菓子・ラーメンは、添加物や時間の経った油を警戒しての事です。神経質になる必要はないとは分かっていても、チョビの為に出来る限りの事はしておこう!と決意してました。食品添加物の作用について気になる方は検索してみて下さい。でも、神経質になり過ぎると食べる物が無くなりますので(笑)あくまでも参考までにどうぞ。

妊娠初期 (1) つわり

さて一先ずの妊娠確定。病院から帰ってきたら胸がムカムカ…おお、これが世に言うつわりというやつかー♪と、ちょっと浮かれ気味でムカムカしていました(笑)。しかし吐き気を催したのは、後にも先にもこれっきり。今にして思えば、 妊娠した→つわる と思い込みがムカムカを誘発させていただけではなかろうかと。想像つわりかorz

しかしつわりも個人差が大きくあるもので、重い人になると入院が必要になるとか。食べ物も水分も身体が受け付けないともなると確かに…。胎児に栄養を送らなければならないのに、何故この矛盾した生理現象が起こるんでしょうね?つわりの原因はまだはっきり判明されてないそうですが諸説は色々あります。その一つに、受精卵内の精子を母体と異なる遺伝子の進入と判断して、反発する為につわりが起こるという説がありました。それからすると、全く反発がなかった私のケースは夫の遺伝子パターンと同じようなパターンだったという事でしょうか。

私:「私達遺伝子レベルでも似た者夫婦らしいよ(*^^)」
夫:「えー…(;´Д`)」

ふ、不満!?Σ(゚д゚lll)

つわりがないと言うと激しく羨ましがられましたが、確かに楽でしたけど本当に胎児はちゃんと育っているのかという不安が常にありました。妊娠初期は10人に1人の確率で流産するそう。安定期に入るまでは何をしてても心配で心配で。この頃の健診は4週間に1度なのですが、何だかんだ理由をつけて2週間に1回のペースで行ってたような(笑)。
ドクターも「心配なら、お腹のエコーを見て安心して帰って下さいw」と苦笑いしていました(^^;)

つわりはなくとも胎児は元気に成長中。あれこれ不安にもなりますが、親孝行と受け止めて過ごす毎日でした。

予兆と確定

いきなり手芸に目覚めた2006年の春。今迄縫ったり切ったり編んだりなどといった作業は苦手&興味ナシできていたのに、本当唐突に「やさしい手編み」などといった本を立ち読みしている自分に自分でビックリ。

それから少しして、何となく腹筋がパシッと固くなっている感覚をおぼえる。手で触った感じはいつもと変わらないのに、お腹に何か触れたり当たったりすると抵抗感が…。この時、妊娠してるかも知れないとうっすら自覚しました。そして検査薬は陽性。嬉しいのと驚いたのとでかなりテンパって、呑気に漫画読んでる夫をバシバシ叩いて一緒に驚け!みたいな事を言った記憶が(笑)

病院に行って妊娠している事がしっかり判明。だけどまだまだ「おめでとう」と言ってもらえる時期ではないと。子宮内に着床していても、心音が確認出来て順調な経過を経てから初めて母子手帳を貰えるのだそう。

病院から帰って、ずっとお腹をさすりながら話しかけていた私。元気に大きくなってね。おかやんも頑張るからね。コーヒーもインスタントラーメンも我慢するからね。あポテチも。ノンフライのスナックだったらちょっとは食べていい?云々…

マタニティーライフの始まり始まり。1週間後に予定してたお泊りハウステンボスを、ほんのちょっと後ろ髪引かれながらキャンセルしたのでしたw


はじめに

2006年の春、私達はプレおとやん・プレおかやんになりました。

あれから1年が経過し、改めてマタニティー期・出産期・育児期の記録をここに記していこうと思いましてブログを立ち上げました。

マタニティー期を「たまごの記録」
出産期を「ばーすの記録」
育児期を「ひよこの記録」
に分類して記事を順を追って書いていきますので、「ひよこ」に辿り着くのは少し時間が掛かるかも知れません。(^^;)

宜しかったらのんびりお付き合い下さいませ。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。