プロフィール

ろっこ

Author:ろっこ
たまご名はチョビ
ひよこ名はぴよ太


誕生記

*script by KT*

Wedding Anniversary

*script by KT*

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


↓メールはこちら↓


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠後期 まとめ記録

06.10.17 チョビの名前仮決定
   27 出産準備の大物・小物ほぼGET
   30 外回転術1回目


10月に入った途端胎動が活発になる。この頃の日記には胎動の事ばかり綴られている(笑)。それでも身軽に動けるので、十分注意を払いつつ車乗り回してあちこちお出掛け三昧。友人とも盛んに遊びに出掛ける。

  11.09 夫バースデー。北九州方面へ映画&グルメ&買い物といつものコースを堪能
   10 外回転術2回目
   17 外回転術3回目…の予定だったが、自力で逆子が直っていた
   30 私バースデー。調子が良さそうなので北九州方面へいつものコース。夫はハラハラ


年末出産なら動けるのは今しかないのよ!と、何かと理由を付けて小倉へ遊びに行きたがってた私。夫婦で映画鑑賞なんて、もう次は何年先になるか分からないから。しかしこの頃、面白そうなホラー作品が目白押しで結構葛藤モノだった。胎教に悪いですよね、やっぱり…

外回転術、辛い思いをして結局自力回転で直りましたが、この外部からの圧力(笑)のお陰で、チョビも頭の位置を変えようという気になってくれたのかと勝手に推察。「頭は動くんだけどねーお尻がガンとして動かないんだよねー」というドクターの言葉が印象的だった。お尻の重いチョビ…

  12.05 チョビの服(頂き物・購入)を全て洗濯
   07 母親学級に夫婦で参加
   09 余りの胎動の激しさに妊娠中初めての泣き言を言う…
   15 マタニティー写真を撮りに行く
   17 自宅を暫く空けるので、夫が一人でも困らない様色々手配。
     出産・育児準備も終え、大荷物抱えて私実家にGO


12月に入ってからは毎日がラストスパートな感覚だった。予定日は31日なんだから…とゆとりを心掛けようとしても、何だか誰かにせっつかれている感じが。誰かってチョビなんですけどね正体は(笑)。

余裕を持っての実家帰りのはずが、翌日18日の朝、見計らった様に破水してしまいました。
スポンサーサイト

妊娠後期 (3)最後の出産準備(主にメモリアル方面)

出産予定が差し迫った12月。夫の休日は全て出産準備用品の買出しに宛がってあちこち出掛けました。出費もエライ事でしたorz

「出産準備」で検索を掛けると、詳しい実体験コメント付きで一覧を表記しているサイトさんが幾つもヒットしたので、様々なサイトさんを見比べながら大物・小物を準備していきました。なのでここで細かい事は省きますm(_ _)m(上手く纏める自信がナイorz)

そしてもう一つこだわったのはいわゆるメモリアル物。妊婦雑誌や資料請求したカタログに色々メモリアルグッズが紹介されているのですが、その数ある種類の中から吟味して選んだのはボイスカード&手形足型セット。産声を残しておきたいと思ったのです。デジタルビデオカメラは購入してましたが、映像よりも音声、それも聞きたい時に気軽に聞けるという形で残そうと意見が一致したので、電池交換してもメモリーが消えないタイプの物を探して購入しました。20秒の録音時間ですがそれで十分。

産後のメモリアル準備が済んだら、今度は産前のメモリアルとしてマタニティー写真を撮りに写真館へ行きました。チョビが物心付く頃、ここにあなたがいたんだよと教えてあげられたらと。写真館は婚礼写真でもお世話になった所。前撮りも当日も、本当にいい写真を撮って頂いたので、何かある時はここでと決めていました。最初はちょっと照れくさかったのですが、アットホームな撮影現場でリラックスして撮られている内に、チョビもポコポコ動き始めて参加表明をしてるように思え、夫も私も心からニコニコし通しでした。後日談ですがこの写真、カメラマンの加盟している協会の作品展に出品されました。自画自賛でいい写真だいい写真だと内輪で盛り上がってるだけでしたが、改めて他人の目からも評価されると嬉しさもひとしおですね(*^^)ゞ



そしてこれが妊娠期最後の思い出となりました。3日後の朝8時に破水、いよいよチョビとの対面です。

妊娠後期 (2) マイナートラブル集

お腹が大きくなってくると、様々なマイナートラブルが発生します。一番困ったのは入浴。洗髪は立ったままシャワーで行うから全く問題なしでしたが、腰から下を洗うのが本当に大変。試行錯誤の結果、浴槽の縁に腰掛けて片足づつ足を洗うのがベターでしたが、バランス崩すとかなり危険。要注意です。

妊娠中期から警戒&ケアしていた妊娠線対策ですが、結果から申しますとあれだけお腹が膨れて縮むんだから何か出来て当然!と(笑)。でもよーく目を凝らして見ないと分からない程度のポツポツなので、毎日のケアの賜物かな?とも思いました。因みにボディショップのボディバター(マンゴー)を使用。まんまマンゴーの香りにも癒されました。

そして妊娠線とは別物の意外な敵も発生。おへそを中心に薄っすら縦線が入ってるなーと思って見てたら、例の外回転術された後にくっきり線が!これはメラニン色素の沈着なのだそうです。全く出ない人もいれば
負荷によって沈着してしまう私みたいな例もあり。ちょっと凹みましたが、これはほっとくと自然に消えるそうで、出産後半年経った現在殆ど目立たなくなってます。ほっ。。。

髪が抜けやすい、歯が悪くなる、腰が痛くなる、目がかすむ…といったトラブルは幸いにもありませんでした。しかしチョビは兎に角元気な中の人だったので、8ヶ月後半の胎動はもうエライ事でした。後期終盤は胎動が少なくなるって何の話?みたいな。

蹴る殴るは当たり前、ぐいーんと手足を伸ばす、ピンポイントで内臓を狙う(笑)、しゃっくりもほぼ毎日といった有様で、身体がだるくてゆっくりしたい…と思う時に限って更にエスカレートしてました。日中はともかく、夜中は本当に辛かったです。台所でフルーツグラノーラをゆっくり食べ、胎動が落ち着くまで居間で過ごし(1~3時間)祈るような気持ちで再び布団に入ると、やっとチョビも大人しくなってくれる、という毎日でした。何故かフルーツグラノーラ。他の食べ物では余り効果が無かったのは何でだろう。

ある夜、本当に辛くて夫の前で泣いてしまいました。これが妊娠中を通して初めて弱音を吐いた事。眠れない時こっそり起きていたのは知ってた、俺を起こさないように気を遣っているならそんなのはいいから、辛い時はその都度ちゃんと言いなさいと夫に言って貰えた事で、スーッと気持ちが落ち着きました。それからは、夜中の元気な胎動にも凹むことはなくなり、こうした時間も限りがあるんだから貴重よね、と前向きモードに。それでも手放せないフルーツグラノーラ。マジでお世話になりました。


胎動は未だ見ぬ赤さんの確かなサイン。このいとおしくて辛い不思議な痛みは、今でも鮮明に思い出す事が出来ます。

妊娠後期 (1) 逆子事情

チョビはとにかく良く動く胎児さんで、ドコドコお腹を蹴りながらクルクル回っている毎日を過ごしていました。そして落ち着いた場所が私のおへそ辺りに頭を持ってきて少し斜めに丸まっているカタチ。逆子…というかやや逆子(笑)。でも30週前後はまだ子宮に余裕があるから、この時期逆子でも余り心配はしなくていいと言われました。それでもやっぱり心配で、逆子に関する情報をネットで独自に調べまくっていましたよ。そこで得た主な情報は、

*逆子体操(これは病院でも指導があります)
*鍼灸
*声掛け誘導

でした。逆子体操はかーなーりしんどい!慣れるまでは額に脂汗滲ませて頑張りました。逆子が直るツボを鍼やお灸で刺激するという方法は確かに良く効きそうでしたが、さてどこの鍼灸に掛かればいいのか、中には市販されているお灸でもOKという説もありましたけど、素人判断でお灸を試しても大丈夫なのか云々心配が尽きませんでしたので、これはパス。声掛け誘導とは

「チョビ~ここの頭をこっちに持ってきてね~」

と、優しく話し掛けながら頭をさすさす。根気良く何度も何度も話し掛け、お腹の中の赤さんにお願いするパターンですが、「知らん!」と言わんばかりにボコッとお腹を蹴られる事しばしば。まさに一蹴(泣)。

自主トレでも上手くいかない場合は外回転術が最後の砦としてお控えなさっています。読んで字の如く外から回転させる術です。ドクターがお腹の外から赤さんの頭とお尻の部位をガッ!と掴んでググググッ!と回すのです。

そりゃあもう内臓がひっくり返る様な痛さで

この施術は、入院やら点滴やら最初に同意書に一筆(!)やらと、物々しく捉えている病院もあるようですが、私の通っていた病院はサクっと
行いました。ドクター、腕に覚えあり?しかし2度の施術でも頑なに回転を拒んだチョビでしたが、3度目に通う前日の夜、自力でぐるんと頭を下に向けてました。私も内臓にダメージ受ける感覚でしたが、チョビもいい加減辟易していたのでしょうかね。いやマジで辛かった

余談ですが、チョビによく話し掛けていた夫。逆子が直っても相変わらず私のおへそに向かって話し掛けていたのですが、いつ自分がチョビのお尻に「よ~チョビ元気か~?おとやんだよ~(^^)」と語っている事に気が付くのかと見守っていた所、彼はとうとう最後までチョビのお尻に話し掛け続けたのでした。どっとはらい

カギ針編み

妊娠中にはまった簡単な手芸。布小物をちまちま作るのも楽しかったのですが、ミシンの準備・片付け、布切れや糸くずの処理など結構手間だなーとも思いました。そこで準備も片付けも手間いらずなカギ針編みです。編み針1本と糸とハサミだけでいつでもどこでも作品作りにいそしめる。ブラボー

とはいえ私はまっさらの初心者。赤ちゃん用作品を作る前の手慣らしとして、コースターやランチョンマットなどからコツコツ始めたのですが、これがなかなかどうして楽しい。調子に乗って巾着袋や大人用のケープなんかを熱心に作り上げる頃には、すでに妊娠後期へと差し掛かっておりました。ああ、うちのチョビ用の作品が何一つ出来ていない…!orz

続きを読む »

 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。